安心して利用できる不用品回収業者の特徴は

>

悪徳業者もいるので注意しよう

意外と多い不用品回収トラブル

なかなか物が捨てられないと言う人は、自分の持ち物に過大評価をつけやすいという傾向があるようです。
売れば高値で売れると信じていますが、実際のところはもう何年も前の物で型落ちしていたり、人気が落ちていたり、生産が終了していたりして購入当時は価値がある物だったとしても今では全く価値がない場合があります。
むしろ、引き取るのに費用がかかるのでマイナスになってしまいます。

売れば高く売れるのに、お金を取って持って行くなんてぼったくりだと怒る人もいるそうです。

悪質業者だと疑う前に、価値があると信じている商品を不用品回収業者に依頼するのは不向きです。
リサイクルのお店に持ち込んだり、ネットで販売するほうが納得できるのではないでしょうか。

人の困ったはつけ込まれやすい

人が困っている事をサポートする業種は悪徳業者が仕事をしやすい環境でもあります。

不用品の処分も片付けが好きで、時間に余裕があって、車もあって、体力もあれば自分自身でもどうにかなってしまいます。
反対にどれかが欠けていると自分だけではどうにもならなくなってしまいます。

そういった人の困りごとを狙って、つけこむ人がいるという事は知っておいた方が良いです。

外から家の様子を伺って、不用品の処分が必要だと感じる家に直接訪ねてくる業者もいます。
近くで営業を始めて挨拶で回っていると説明する事もあるようですが、この手の営業方法の不用品回収業者は自治体に無許可で営業している可能性が高いとも言われているので注意しなくてはなりません。